« スーパー8 | トップページ | 知的会話 »

2011年6月30日 (木)

利他の起源(1)

小田亮「利他学」を読む。

震災の後、被災者のために多くの人々がボランティアで動き、又自分に出来ることを行った。災害時に限らず人間は普段でも、赤の他人でも困っている人を助けようとする。たとえ行動に移せなくても心の中にはそんな気持がある。人間を人間たらしめているものといってもいい。なぜ、人間にはそのような高度な利他性があるのかを、科学的に考えようというのがこの本の試み。

別に利他行動を行うのに根拠もヘチマも要らないが、科学者としては、人間の心の「しくみ」について一貫した説明を与えてくれるものが欲しいらしい。あらゆる物事の「しくみ」には必ずそれを必要とした「機能」があると考える。それを自然淘汰」と言うメカニズムを中心にすえる進化生物学や進化心理学で解こうというわけだ。

勿論、著者が断っているように、人間の心が全て遺伝的に決定されているものであり進化の産物であるわけではない。環境や意志は本能を裏切ることが出来るからだが、その「しくみ」がどこから来たのかを知ることは、興味がある。

生物は自分の遺伝子を後世に残すことを最大の目的として生きる。にも拘わらず、一見自分の損失になる利他行動を行うのは、最終的に自分の遺伝子を残すにはその方が良いからだ。それはアリやハチの世界でも見られる。そしてまた当面の自分の利益のためにそれを裏切る個体がいることも以前の本で知った。それと同じなのか。でも、人間には心という脳の働きがあるからもう少し複雑である。心の働きを通じて利他行動が行われる。

心は脳の働きであり、脳は遺伝子によってコード化されている以上、心も遺伝子が次世代に残っていくためのものだと考えられる。生物は外的環境と関わりながら、個体を維持し、複製を作るために様々な活動を行っているが、外界と作用するインターフェイスが「つくりつけ」では失敗して消滅する確率も高いので効率が悪すぎる。そこで現実の世界で試してみる前に、生物の内的な世界で候補となるやり方をシュミレーションし見込みのあるやり方を事前に選択をする「しくみ」すなわち心を生み出した。遺伝子は直接、行動を決定するわけではなく、心の構造をデザインすることで自らの存続を左右する行動のあり方に影響を与えている。

血縁度の高い間柄における利他行動は、心を介さなくても遺伝子の働きだと理解できる。では血縁関係にない相手を助けることは、どのような「機能」を果たしているのか。それは「後でのお返し」を期待することである。但し、これは顔見知りの閉鎖的な集団内でしか成立しない。しかし人間は、「お返し」が期待できない相手に対しても利他行動を行う。これは、利他行動を見ている第三者がつくる評判によって、違う人から利他的に振舞ってもらえるという報酬に繋がることを期待している。だから人間は自分が利他的であることをアピールする傾向があるのだという。「情けは人のためならず」で、やはり最終的には自分のためなのだ。勿論、直接的な利己的な行動とは異なるものであり、この互恵的利他行動こそが、人間の大きな特徴であり、人間社会の基盤となっている。(つづく)

« スーパー8 | トップページ | 知的会話 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574388/52079293

この記事へのトラックバック一覧です: 利他の起源(1):

« スーパー8 | トップページ | 知的会話 »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ