« 利己主義社会(2) | トップページ | 戦争の傷跡 »

2011年7月29日 (金)

科学者の良心

あるブログで教えていただいたyoutubeを見て衝撃を受けた。7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会に参考人として招致された東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授が、福島原発事故の処理に関して「国会は怠慢だ」と怒りを顕わにして訴えた。( http://sun.ap.teacup.com/souun/5134.html

福島第一原発で露出した放射能の総量を熱量から計算すると、なんと広島原爆の29.6個分に相当し、しかも放出から1年後の放射線汚染物残存量は、原爆が千分の一になるのに対し、原発は十分の一にしかならないと言う。つまり今回の福島原発の問題はチェルノブイリ事故と同様、原爆数十個分に相当する量と、原爆汚染よりもずっと大量の残存物を放出したと考られると言う。

放射性物質の微粒子は、非線形的に拡散していくから、20キロ、30キロといった避難区域は無意味で、現に遠くは200キロ以上はなれた静岡まで飛んでいる。従って線量計を大量に供給して、あらゆる場所で個別に測定する必要がある。土や水だけでなく樹木も建物も野菜も稲ワラも汚染されている。特に内部被曝は、幼児の健康に対する影響が大きく、しかも20年30年経ってから、ある物質では25%がガンになるという非常に怖いものだ。すでに福島の母親の母乳から2から 13ベクレル、7名から検出されているという報告があったとのことである。

ある程度予想されたことではあるが、科学者の言葉は重い。「安全だ安全だ」とのたまう政府や東電・御用科学者の言葉は一体何なのか。科学者と言えども、人の子。悲しいかな、金をもらっている人や、生活を支えてもらっている組織に対しては、本当のことが言えないということなのか。サラリーマンが、会社に対して言いたいことの半分も言えないのと同じことだと言われれば、それまでだが。何万と言う国民の命に関わるウソや隠蔽は許されることではないだろう。

最後に、児玉氏は四つの緊急提言をしている。
第一に国策として、日本がもってい る最新鋭のイメージングなどを用いた機器で、食品、土壌、水を、徹底的に測定していくこと。
第二に緊急に子どもの被曝を減少させるために、新しい法律を制定すること。今の法律では除染作業が、全て法律違反になってしまう。
第三は、国策として土壌汚染を除染する技術に、民間の力を結集すること。日本の企業は様々な放射線の除染のノウハウを持っている。
第四に、これらの力を結集して、ただちに現地に除染研究センターを作ること。今のままだと何十兆円という国費をかかるのに、これが利権がらみの公共事業になりかねない。

この提案に対し、政府はどこまで実行するのか、注視したい。

「七万人の人が自宅を離れて彷徨っているときに 国会は一体何をやっているのですか。」と言う最後の怒りの言葉は、科学者の良心からほとばしり出たものとして、非常に胸を打った。日本には、まだ全てを投げ打ってでも言うべきことを言う人間がいたことを誇りに思う。

« 利己主義社会(2) | トップページ | 戦争の傷跡 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574388/52341695

この記事へのトラックバック一覧です: 科学者の良心:

« 利己主義社会(2) | トップページ | 戦争の傷跡 »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ