« 「成熟日本への進路」を読む | トップページ | 若者に冷たい日本の大人たち »

2012年7月19日 (木)

トルコ旅行

 7月8日から17日までの10日間、カミさんとトルコ旅行に行ってきた。
退職したら行こうと決めていた長年の夢だった。アジアとヨーロッパの架け橋の街イスタンブール、きのこ岩が聳えるカッパドキア、石灰棚のパムッカレは、学生時代から行ってみたいと考えていた場所だった。今回のツアーには、その他に、鉄を発明したヒッタイトの遺跡、大塩湖トゥズ湖、11~13世紀のセルジュク・トルコの首都コンヤ、ギリシャ時代の大都市エフェソスも含まれていた。

 チョッと高額のツアーだったせいか、一組の新婚さんを除いては、8組が老人組。夫婦が5組、姉妹が3組の18人のメンバーだったが、割と和気合い合いで気楽な旅行ができた。やはり、3分の2を占める女性陣の方が元気で、賑やかだった。旅行会社の添乗員の女性も、現地の男性ガイドも、非常に優秀かつ知的で、楽しくまた勉強になった。

 トルコは日本の国土の2倍の広さで、人口は75百万人という密度。旧首都で最大の都市イスタンブールには、人口14百万人が集中し、トルコ経済の47%を支えているのだそうだ。平均年齢は日本の44歳に対し、28.5歳と若い。一人当たりGDPが1万ドルを超えたばかりの伸び盛りの発展途上国だ。アラブ資本が流れ込んでおり、建設工事が盛んで8%台の経済成長率を誇るが、バブル気味、原油輸入が大きな負担で財政赤字だという。大成建設が、ボスポラス海峡をつなぐ地下鉄道工事をしていた。

 トルコは日本と違い、大陸における交通の要所にあることから、古くから、多くの民族が行き交い、国を興し、戦争が起こっては、民族も国も目まぐるしく入れ替わってきた。元々は中央アジアの遊牧民であったトルコ民族が、この地域に進出してきたのは、11世紀になってからだという。

 古くは紀元前(BC)35百年頃のメソポタミア文明の後、BC16世紀ヒッタイト王国が一帯を支配していた。BC7世紀頃のペルシャ帝国、BC4世紀頃のマケドニア王国アレキサンダー大王が統一したギリシャ支配、BC2世紀頃のローマ支配、紀元後(AD)4世紀のビザンチン帝国、8世紀のイスラム帝国による一部支配、11世紀のセルジュク・トルコ、13世紀オスマントルコ帝国、第一次大戦で連合国に負けて領土を分割占領されたが、ケマル・パシャによるトルコ革命を経て、1923年帝政廃止・民主化により現在のトルコ共和国になった。

 いろいろな文明・文化が混じることで、さまざまな新しいモノが生まれ、またここから広まっていった。ヨーグルトもチューリップもカーペットも唐墨もトルコが発祥の地あるいは本場だという。宗教も、ゾロアスター教、キリスト教、ギリシャ正教、イスラム教などがトルコを経由して世界に広まっていった。

 現在のトルコでは、政教分離政策が採られ、宗教には寛容だが、国民の99.8%がイスラム教徒である。ソフトなスンニ派が8割で、イランのシーア派と対立している。

 日本との関係は古く、明治時代、オスマン帝国の時代に共通の敵ロシアを巡って同盟関係が築かれた。1890年、日本を表敬訪問していたトルコ海軍の軍艦エルトゥールル号が和歌山県串本町沖で遭難した時の日本人の献身的な努力が、トルコ人の心を捉え、国民の90%以上が日本を一番好きな国にあげているという。また共和国に生まれ変わった際も、日本をモデルにしている。さらに日本企業には特別な優遇税制などをしている。1985年イラン・イラク戦争でフセインがテヘラン爆撃を宣言した際、テヘランの在留邦人救出にトルコ航空を派遣してもらったり、3.11支援でも日本は大きな恩返しを受けた。

 カッパドキアでは、人類の歴史を超えた大きな自然現象に、人間の営みの小ささ・時間の短さを感じ、イスタンブールでは、様々な民族・宗教・文化・歴史という人間の営みの大きさ・複雑さ・重さを感じた。日本でも大きな時代の移り変わりはあるのだけれど、地球上には、ここまで複雑で流動的な地域があることを改めて認識した。日本は本当に安定的な国なのだ。トルコ共和国ができて89年、明治維新から144年。長いようで、人類の歴史からすれば短い。国のあり方も、国と国のあり方も、もっと流動的であっていいと、改めて感じた。こんなことを旅行中に考えさせてくれた現地ガイドのウミットさんに感謝。

 

« 「成熟日本への進路」を読む | トップページ | 若者に冷たい日本の大人たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコ旅行:

« 「成熟日本への進路」を読む | トップページ | 若者に冷たい日本の大人たち »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ