« 7月の読書メーター | トップページ | 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観た »

2012年8月11日 (土)

近代思想の限界

 長谷川宏「新しいヘーゲル」(講談社現代新書1997)を友人から薦められて読んだ。

 始めは少々苦戦したが、最後の第5,6章「近代とはどういう時代か」「ヘーゲル以後」で、著者の問題意識が分かった。ヘーゲル哲学は西洋近代社会を支える近代哲学の集大成であり、現代哲学はヘーゲル批判から始まっている。近代文明は様々な矛盾を抱えているが、著者が大きな課題として取り上げるのは反近代のナチズムがなぜお膝元のドイツで支持され、なぜ近代哲学はそれを阻止できなかったのかである。まだ明確な答えは見つかっていないようだ。今だ自由で自立した近代的個が確立していないと言われる日本では、より一層深刻な課題であると思った。

■まず以下に要点をまとめる。

●ヘーゲルは難しいか
・日本人の西洋崇拝の念が、西洋哲学を分かりにくく難しいものに仕立てた。
・西洋哲学はキリスト教の支配や権威から解放され、人間世界の出来事を人間の言葉で人 間に向かって働きかけるものだから、難解である必要がない。
・難しく書こうとしたわけでなくても、読む者に難しく感じるのは西洋近代と日本近代との位相の落差。
・相手との対立点を際立たせることに力を込めることが西洋の対話。その流儀を哲学の方法として応用したのが弁証法。

●精神現象学
・絶対知とは、冷静客観的に、現実の総体をとらえ知ること、そういう精神の姿勢を指す。

・近代人として近代社会を生きることは、個人としての存在と社会的存在との間の抜き差しならぬ矛盾をあえて引き受けること。
・知には道徳や宗教のような現実に対する及び腰の姿勢は全くない。
・近代社会にあって、モノを知りモノを考える働きこそが、個の自由と自立を支える根本の力である。
・ヘーゲルは、「知は力なり」と宣言したベーコンの嫡流であり、「理性こそ社会発展の原動力」と考える啓蒙思想の同志である。

●世界の全体像
・西洋には、哲学も宗教も、始めから世界の全体を捉えようとする体系的思考があった。

・へーゲルは、理性は思考のうちにあるだけでなく自然や社会のうちにも宿ると考えた。

・論述が体系的だというだけではなく、世界の全体が体系的なものだと考えた。
・人間が自然を手段として利用するのは、自然そのものが手段として利用されるようなものだから。人間に支配されるべき存在。
・人間の活動やそれによって作り上げられた有形無形の産物を「精神」と呼ぶなら、精神は自然に勝る。
・自由な精神に対し、自然は必然と偶然のつながりだけの、理念が相応しからぬ形をとってあらわれたもの。

●人類の叡智
・芸術、学問、宗教は人間活動の最高位のものである。
・芸術作品は、芸術家個人によって作られるものでありながら、そこに同時に時代の共同精神が込められることによってこそ、真に芸術的な美しさを獲得できる。
・公共性に向かう共同体精神が、公共的な宗教や公共的な芸術を求める。
・精神はその内発的な発展によって、感覚的・直観的なギリシャ芸術から、自己の内面に還るロマン芸術へと展開した。
・精神の発展こそが歴史の実相であり、それを明確に位置づけるのが歴史哲学。
・哲学は、芸術の客観性、宗教の主観性を統一するもの。

●近代とはどういう時代か
・日本は西洋文明の物質面・制度面を吸収したが、西洋近代精神は吸収できなかった。
・西洋近代精神とは、規制の権威や価値観が通用しなくなった時に、自分自らの思考を頼りとして外界と向き合うこと。
・ルターの宗教改革は、権威への服従から脱し、自分の信仰に基づく神との対話を求めた。

・啓蒙主義は、聖書も神も抜きで、内面の主体的な思考を持って自然や精神に対峙する
・欲望や感情を抑制する理性の働きにより、個に共同体精神が宿らなければ、社会は混乱し、近代的な社会とはいえない。教育・教養・自己形成が必要である。
・フランス革命は、人間の内面性と自由の哲学を現実そのもののうちに広く行き渡らせた。

・西洋近代は日本では権威となり、その精神が根付くことはなかった。

●ヘーゲル以後
・具体的なもののつながりが、現実を内容豊かなものにしていく様を示したヘーゲル哲学が、西洋近代の向日的なオプティシズムの典型だとすれば、その向日性から逸脱する苦悩や情熱や悲嘆に眼を据えるキルケゴールの思想が、「現代」の登場に見合うものだと、サルトルはいう。
・現実の資本制社会の中で、人々は不自由と不平等にあえいでおり、ヘーゲルの言う人類の普遍的な解放は実現していないと考えた若きマルクスは、ヘーゲル哲学を、現実との格闘の中で鍛え上げて「現代思想」に組み替えた。
・社会の近代化・技術革新・選択の自由・個性尊重を支える近代思想の柱は、合理主義・人間主義・進歩主義だが、現代思想はその限界を打った。
・フロイトは、理性を逸脱する人間の内奥に住みつく不合理な暗い衝動に光を当てた。
・ハイデガーは、近代の技術や技術的思考を批判
・メルロ・ポンティは、生きた人間の身体は、モノではなく精神との複合体ととらえた。・レヴィ・ストロースは、特別視された近代文明に違和感を感じ、これを相対化。
・ナチズムは、西洋近代精神・人間性を否定。暴力こそ人を動かし、集団行動こそ団結の姿とした。
・アドルノは、なぜナチズムが個の自由と共同体精神に信頼をおく西洋近代のただ中に生じたのかと問う。「アウシュビッツ」は、近代思想を「嘲り笑う」歴史的事実。
・なぜ近代思想がナチズムへの抵抗の思想として有効な力を発揮できなかったのかが問われる。

■近代思想の限界について考える

 地球温暖化や原発事故や津波など、近代文明の行き詰まりを示すようなことが、相次いで起こっている。高さ10mの防潮堤でも津波を抑えることは出来なかった。人間は自然を支配し、制御できるという西洋近代思想の限界をしめす現実である。にも拘らず、もともと自然と共に生きるという思想を持っていた日本人なのに、経済至上主義ゆえに近代化の発想からの転換が出来ない。むしろ西洋では、護岸のコンクリートをはがして美しい自然の河川の姿を取り戻そうとしているのにである。(松本健一「コンクリートと政治」朝日新聞120811)

 ヘーゲルが示した「人間が支配すべき自然」像は、近代文明を根拠づけるものであったが、自然科学の成果を追認するものでもあった。しかし現代の自然科学では、自然世界は「人間が何をどう観測するかというやり方に応じて様々な顔を見せ、それを記述しようとすると確率的にならざるを得ない」不確定な存在であるという。(佐々木閑「犀の角たち」)神秘論に陥る必要はないが、人知を超えた畏怖すべき自然の存在を認めざるを得ない。大地震も完全には予測できない。分かっていないことは無限にあるにも拘らず、分かったような顔をして一部の知識だけで自然を支配できると思ったことが間違いであった。

 ヘーゲルも時代の子であったことは、ルターの宗教改革や啓蒙思想やフランス革命など時代の新しい流れに影響されていることからも分かる。それは批判すべきことではなく、その歴史的現実を知り、何が原動力なのかを考え、どこに向かおうとしているのかを考える姿勢や弁証法の思考方法は今なお有効だと思う。現代では、社会も科学も技術も複雑化しており、ヘーゲルのように一人で全体を把握することは不可能に近いが、著者も言うように、限界は意識しつつも周辺分野との関連について常に配慮しつつ、世界の全体像を構想しその中に位置づけようとする知の基本的な姿勢は大切である。

 しばしば思考が陥るのは、体系化を急ぐあまり、あいまいな部分を切り捨てることである。切り捨てられた部分が、思想にしっぺ返しをする。ヘーゲルそのものを読んでいないので、その哲学体系の壮大さは分からないが、マルクスが批判したように、それは「天界」のものであって、地上のありのままを直視しないがゆえに得られたものだったのではないか。しかも、現実世界は人間の解釈から逃れるかのように目まぐるしく変化していくから、これをフォローし続けるのは容易ではない。

 ヘーゲルは、理性に絶対的な信頼を置いているが、現代では、人間の理性は人間の身体や感情や無意識、個を取り巻く時代や社会から切り離されて、完全に自由で自立した存在とは考えられない。理性的でない事柄を無視すると、反動が起こりしっぺ返しとなる。ナチズムもその一つではないか。にも拘らず、集団ヒステリーであるファシズムに対抗できるのは、今のところ近代的な個でしかないということも重要である。ドイツでなぜナチズムを抑えられなかったのか。やはり近代思想に何か足りないものがあるということだろう。より包括的な現代思想が待たれるが、自分なりに少し勉強してみたい。

 近代的な個とは、あらゆるしがらみから自由になって自分の内面に還って自分で考える事だと言うが、日本人にとっては、いや自分にとってもそう容易ではない。集団の雰囲気に飲まれる傾向があるし、集団の中で異論を唱えるには勇気がいる。そもそも考える素材となる知識が圧倒的に不足しているので、すぐ専門家の意見に頼ろうとする。また読んだ本にすぐ影響されてしまう。それでもこうして一歩一歩、自分なりに考える経験を重ねていくしか自立した個を確立する方法はないのだと思う。

 久しぶりに哲学に触れた。きっかけを作ってくれた友人と長谷川先生に感謝。

« 7月の読書メーター | トップページ | 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観た »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574388/55401790

この記事へのトラックバック一覧です: 近代思想の限界:

« 7月の読書メーター | トップページ | 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観た »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ