« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

安倍首相の「所信表明演説」を読む

■ 28日、安倍首相の「所信表明演説」があり、今日それを新聞で読んだ。
日本の危機的な現状を正したいとして、4つの危機を取り上げ、その対策を重点政策としている。その危機とは、日本経済の危機、震災復興の危機、外交・安全保障の危機、教育の危機である。

 経済再生については、司令塔としての日本経済再生本部を設置し、経済財政諮問会議を再起動させ、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略という「3本の矢」で推し進める、としている。いわゆるアベノミクスだ。
 金融政策は、すでに行われている日銀における2%の物価安定目標の実行、財政出動は、3つの重点分野、「復興・防災対策」「成長による富の創出」「暮らしの安心・地域活性化」。そして成長戦略として、イノベーションと制度改革を上げている。
 震災復興については、行政の縦割りを排し、復興庁がワンストップで要望を吸い上げ、現場主義を貫くとしている。

 外交・安全保障については、緊密な日米同盟の復活、ASEAN諸国との関係強化、国境離島の適切な振興・管理、警戒警備の強化、拉致問題の解決を上げている。

 最後に、国民に自らへの誇りと自信を取り戻そう、自らの力で「強い日本」を創ろうと呼び掛けている。

■ 復興庁の話以外は、想定範囲内で新鮮味はないし、総論だから目くじらを立てるような問題は見えてこない。財政規律も意識します、沖縄の負担軽減に全力で取り組みますとちゃんと入れている。しかし具体策は難しいから簡単には言えない。新聞も参院選を意識しての安全運転と評している。野党が批判するように、もめそうな問題に触れないところが問題なのかもしれない。憲法改正やTPP、原発・エネルギー問題には触れていない。議員定数是正問題や公務員制度改革にも触れていない。具体策やその他の諸問題についてはこれからだ。

 経済再生については、政策効果があったのかどうかの結果が出るので、逆に政策リスクが出ていないかよく監視する必要がある。金融緩和で日銀が国債を大量に購入することは、政府債務が膨らむことだが、失敗すれば国債利回りが急騰し、財政危機はさらに深刻化する。これまでの小出し?の金融緩和では、民間投資拡大にはつながらず、銀行の国債残高が増えただけだった。現在、円安・株高の効果が出ているのは、安倍首相のコミットメントの強さによる投資家の期待の強さの表れで、まだどうなるかわからない。

 景気を刺激するカンフル剤としての財政出動は、建設業界へのバラマキに終わる可能性も高い。成長分野における既得権益層の抵抗を抑え、いかに規制改革し、また企業によるイノベーションを支援できるかに懸っている。首相は、財務省の影響力を抑えるため「経済財政諮問会議」には経産省の官僚を配置したそうだが、復興・防災工事の中にムダな公共工事が紛れ込む危険が高いと、岸博幸氏が指摘していた。これもよくウォッチする必要がある。

 企業の投資は、消費者の購買意欲が上向かないと拡大しない。賃上げ企業への法人税減税や孫への教育資金譲渡への免税などの具体策が出ているようだが、これは是非やるべきだ。ただ企業としては景気が良くなってからでないと賃上げできないないだろうから、効果が出るか疑問である。

 経済成長には、投資だけではだめで、労働人口の増加と生産性の向上が必要だが、日本では労働人口の増加は望めない。生産性の向上には、技術開発、イノベーションが欠かせない。アベノミクスの成長戦略はここにどう取り組むのか。

 震災復興については、復興庁が結果を出すことに期待したい。官僚たちは省庁の壁を乗り越えられるだろうか。これも結果が明確に分かるので注視したい。

 外交・安全保障についても、かなりの困難が待ち受けている。日米同盟の強化は、沖縄問題を難しくする。領土問題も、強気に出るとこじれて戦争になりかねない。安倍首相は民主党による日米関係の弱体化が、中国や韓国の強気を引き出したと言う。日本はアメリカの子分でないと舐められると言うのだ。しかし、アメリカは戦争を輸出する国になってしまったから、子分でいるといつか戦争に駆り出される怖さがある。自民党の憲法改正案は、アメリカと一緒に戦争に出かけるためのものであり、アメリカの要求である。いろいろ抵抗しても最終的には日本はアメリカの要求を断れない。情けないことだが。

 アメリカは日本を子分にしてやっている位にしか思っていないから、自分の都合のいいように日本を利用する。日本人の稼いだ金で米国債を買わせては、ドル安で紙くずにしてきた。円安に対してもいずれストップをかけて来るだろう。TPPはアメリカの輸出市場として日本を解放させようと言うものだ。安倍首相はどこまでTPPを拒否できるのか、要注意である。

2013年1月 6日 (日)

「『自己啓発病』社会」を読む

■宮崎学「『自己啓発病』社会」(祥伝社新書2012)を読んだ。

  スマイルズの「自助論」については知識がないが、この本を読んで自分がかなり自己啓発書に影響されていることを発見した。「他人に頼ることなく自分で努力して自分の道を切り開くこと」の大切さは間違っていないと今でも思う。ただそれが、競争による差別化の道具になり、結果的に日本に格差社会をもたらした小泉構造改革の影響だと言われると、なるほどとも思う。自助のあり方が問われている。

  かつては1億総中流と言われた日本社会なのに、今や非正規労働者が3割で、低中所得者層が主流となり、年間3万人以上の自殺者が13年連続で出ている社会。給料は上がらない一方で、社会保障はどんどん削られていく。将来が不安でお金を使わないので、企業も投資できないと言う悪循環。それらは皆、日本経済が不調なので仕方がないと思われているが、本当にそうなのか?新自由主義といわれる政策の結果ではないのか。

 新自由主義は成熟して経済成長が止まった国家が、社会保障費の増加に伴う財政難を切り抜けるところから始まった。税金を上げて社会保障費を削り、国民は国に頼らず自助努力せよ、というわけだ。しかしもともと日本の社会保障費は欧州に比べて決して高くないから、日本は弱者に冷たい国だと言われているのだ。それを削るからますます社会不安は大きくなる。日本の消費税は安いから仕方がないと言われるが、全ての税金を合わせると国家・行政は国民から 4割近くも収奪している。しかも一般会計予算の倍以上の特別会計予算を国民のチェックも受けずに勝手に使っている。そこに切り込もうとする政治家は官僚によって政治生命を絶たれる。

 なぜこうなるのか。この本の中で見つけた答えは、日本が本当の民主国家ではないからだということ。日本の近代化は個人の自由獲得闘争による近代化ではなく、日本が列強に対抗するための上から作った近代化である。従って個人主義・自由主義の基盤が弱く、国民の間に「政・官はお上」という意識が残っているからだ。建前上は主権在民なのだから、国民はもっと声を上げて国に文句を言うべきなのだ。政治家の尻を叩いて官僚独裁国家を解体し、本当の民主主義国家にすべきなのだ。東日本大震災の被災者たちは本当に我慢強く生活しているが、国にもっと文句を言うべきだし、我々も他人ごとにしないで文句を言うべきだ。

 しかし一方で、震災は新しい自発的な自助・共助の芽を育てた。被災者共同体が生まれたし、ネットによる支援の輪が広がったし、市民による反原発のデモも起きた。国には頼れない、任せられないとして立ち上がった市民が連帯して助け合う協同体が生まれたのだ。人間は一人では生きられないし、利己主義者は集団の中で生きられない。自分を助けるためにも他人を助ける必要がある。だから自助は利己的な自助でなく利他的な自助であるべきだ。人間社会は本来「互恵社会」であるはずなのだ。それを阻害するような社会システムがを変えなければならないのだ。そんなことを学ばせてもらった。

 著者がいうように勤勉努力が報われる成長の時代は終わったのかも知れない。これからの自助は、創造活動のような自発的・自足的な自助であるべきだと言うのも、一部の人たちの話としてならば分かる。それを社会システムとして作り上げるのは、一定の経済成長を前提にすると気が遠くなるような夢のような話だが、これからの社会が目指すべき方向ではあると思う。簡単に言えば、日本人は奴隷のような従順さに縛られることなく、欧米人のようにもっと自由になるべきだということでもある。

■要点まとめ
1.「セルフヘルプ」という病
・自己啓発ブーム=自己中心的ポジティブ人間の育成=「努力すれば誰もが成功」
・自己啓発は他人を押しのける「利己的な自助」=実は競争による差別化の道具。
・成功しなかった人は自己啓発の努力が不足していたからで、それは自己責任。
・公の領域に競争原理を導入した小泉構造改革による新自由主義の影。無自覚症状の病
・「公に頼らず自分の人生は自分の手で開け」とスマイルズの「自助論」を推奨。
・官の支配構造を壊さずに、民間における相互扶助の仕組みを壊し格差社会を作った。
・地域経済の地域での結びつきを壊したため、自助による震災復旧・復興が弱かった。
・新自由主義の帰結=中流の没落=一握りの勝ち組と日本社会の中心となった負け組

2.ゆがめられた『自助論』
・スマイルズの自助論はプロテスタンティズムの職業倫理=勤勉努力による天職の全う
・スマイルズは「利己的自助」を退け、「相互扶助と両立する」としている。
・自助は成功を求めるものではなく、人格をつくること。個人の尊厳を打ち立てること。・「個人の尊厳」が抜け落ちたことは、自助論だけでなく日本近代の本質的問題。
・個人の自由による近代化ではなく列強に対抗するための上から作った近代化。
・明治政府の大胆な能力主義・業績主義の人材登用が「勉強立身熱」の風潮を生んだ。
・明治初期の勉強青年は、利己的な自助でなく家と郷党に報いるために刻苦勉励した。
・近代的な自由な個人でなく非近代的なイエ・ムラ原理の部分社会の中の個人の競争。
・1980年代に先進国病の特効薬として蘇った自助論。国民の国家依存と財政の悪化。
・マネーゲームと格差社会を生んだ新自由主義の原点はサッチャーとレーガン。
・小泉政権は西洋とは異なる非個人主義・非自由主義の基盤の上に新自由主義を展開。
・上からの自由化となり失敗。西洋近代とは違う「自由な個人」の社会をつくる必要。

3.自助と互助と共助
・幕末日本には最低限の生活を維持するための自助と互助と共助の社会が自然にあった。・西洋に倣って導入した国家による公助が、コミュニティによる互助・共助を解体。
・2001年小泉改革は、自助努力の幻想で解雇の規制を緩和し、労働組合の互助を解体。
・東日本大震災は、互助・共助意識を再生させ共苦の倫理が芽生える契機となった。
・被災者共同体が生まれ臨時の現場リーダーが中心となって現場秩序が形成された。
・冷静な行動が賞賛されたが、他人に迷惑を掛けないよう我慢するのは自助ではない。
・生き延びるために外に働きかけ、行政や政府を動かす自助が日本人には欠けている。
・民主主義とは自己統治であり、統治される者は同時に統治する者である。
・政府はお上であり国民はお願いする立場のような日本は民主主義ではない。
・政府に頼れなければ救援してくれる市民と結びついて開かれた自助を展開する必要。
・相互扶助がなければ自助はない。協同と表裏一体となった自助=利他的自助
・戦後知識人は個人が無自覚に埋没する共同体を解体しようとした。
・自然な共同関係を基盤にし、組み替えた協同関係と自助意識こそが求められている。

4.「勤勉」と「成功」の終わり
・勤勉が美徳になったのは、産業革命による工場の賃金労働を価値づけるため。
・賃金労働は、それ自体に意義や目的を含まない生活手段としての労働。
・カジノ資本主義は勤勉ではなく才覚、忍耐ではなく敏捷、蓄積ではなく投機を求めた
・13年×3万人の自殺者。20年不況のもたらす不安感とリンクしている自己啓発ブーム。
・無力感、諦め感が政治的アパシーとなり、危険な政治家や自殺的な政策に熱狂する。
・勤勉の時代の終わり、勤勉が成功を呼ばない成長無き時代を生きなければならない。
・古典的自由主義のスマイルズの限界。
・古典的自由主義=自由な交換の場=市民社会がそのまま協同を含んだ自助社会になる。・スマイルズの勤勉な自助は産業社会の要請する必要や目的に従属。
・これからは科学や芸術のような自発し自足する自助に変わる。
・市民社会はそのままでは協同を含んだ自助社会にならないことがはっきりした。
・利己的自己を追求し、協同社会を否定する新自由主義は、スマイルズ自助論も否定。
・新自由主義自助論を打破し、さらに限界のあるスマイルズ自助論も乗り越える必要。
・個人個人の自助が相互に働いて相互扶助が成り立つ社会=協同を含んだ自助社会。
・同じ状況に直面した全員が同じ自助の構えを持つ時、自助が他助になり連帯が成立。
・自分だけ助けようとする者(利己主義者)を他人は助けてくれない。互恵不能。
・利他的自助=他人を助けるのは自分を助けるため
・利己主義者は必ずバレるので弾き出され、利己主義者が支配する集団は自滅する。
・人間社会は本来「互恵社会」である。(藤井聡)
・競争し合う公認社会の中に、相互扶助しあう真実の部分社会が隠されている。
・真実の社会は、災害時のように公認の社会が崩れてしまった時に姿を現す。

2013年1月 1日 (火)

2012年12月の読書メーター

2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1104ページ
ナイス数:45ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/195601/matome?invite_id=195601

■何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)
親に捨てられ施設で育った主人公が、刑務官となって犯罪者と向き合い、彼らの中に昔の自分を発見すると同時に、自分自身がまだ昔の自分から吹っ切れていないことに気付いて苦しみながら成長すると言う話。思春期の不安、性の欲望、自分への絶望等から来る苛立ちや死への衝動は、違いの差はあれ誰でも経験することだけに、重苦しく迫ってくる。しかし、主人公が昔施設で自分を育ててくれた恩師の言葉に大人になっても救われるのが読む者にとっても救いだ。新聞でピースの又吉さんが推薦していたので読んだのだが、彼の解説文も良かった。 
読了日:12月25日 著者:中村 文則
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24691326

■楊令伝 12 九天の章 (集英社文庫)
金の訛里朶が独断で梁山泊の商隊を襲った。久し振りの戦いに読む方も緊張する。秦容の大活躍に心が躍る。商隊の指揮官李媛は、捕慮となった訛里朶を解放し、彼女が解任した弟李英を復活させた楊令の判断に逆上する。ルールを守ろうとする彼女には、楊令の大局的な判断は理解できなかった。説得役を引受け、思わぬ行動で彼女を黙らせた杜興。張俊との戦いの中で負傷した退役間際の部下のために自分の命を投げ出した鮑旭。ともに理解を超えた行動だ。しかし、そこには張俊が感じたような何か羨ましいような充足感がある。
読了日:12月20日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24586353

■日本をもう一度やり直しませんか (日経プレミアシリーズ)
元大蔵官僚の著者は、日本の政治は官僚が行っているので誰が政権を取っても同じと言う。官僚の悪い所を見ていないのでどうかと思うが、世界の中の日本経済の位置を見る目は確かなようだ。デフレは、景気後退や貨幣的現象ではなく、グローバリゼーションにより世界各国の物価のレベルが収斂するため先進国で起こる構造的な現象なので、金融政策では解消しないという指摘は説得力がある。また日本は成熟国としてアジアの成長を助けることで、成熟を維持する政策が必要だと言うが、企業は生き延びても雇用が確保できなければ意味がない。
読了日:12月16日 著者:榊原 英資
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24487191

■錦繍 (新潮文庫)
ある事件により別れた夫に12,3年振りに偶然再会した主人公は、元夫に不幸の影を見て手紙を書く。往復書簡が事件の真相や別離後の二人の生き様・心の変化を明らかにする。不幸の連続のような二人だが、人は誰でもなぜ自分はこうも不幸なのかと思う。人のせい?自分のせい?運命・業?モーツァルトの音楽が暗示する生と死の世界を貫く何か。生命や宇宙の不思議。死んだ自分=過去を見つめる自分。過去から解放され今を精一杯生きようとする二人に明るい未来が見える。ミステリーのようなストーリー展開で一気に読めるが、心に残るものは重い。
読了日:12月4日 著者:宮本 輝
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24196232

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

12月の鑑賞メーター

観た鑑賞時間:693分

■リミットレス [DVD]
普通の人間は20%しか使用していないという脳を100%活動させる薬を手に入れるとどうなるか?あらゆる才能が花開き、金や名誉を手に入れることが出来るというのだから、全く羨ましい話だが、秘密を持つことで様々なトラブルに巻き込まれる。何とかトラブルから脱してはまたトラブルに巻き込まれるという展開にハラハラさせられる。きっと最後は不幸になると思いきや、そうでもなさそうなところが映画か。将来、そんな薬が発明され合法的に手に入れられる可能性は高いが、リミットがある方が人間は幸せかも知れないと考えさせられた。
鑑賞日:12月31日 監督:ニール・バーガー
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1956810

■戦火の馬 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
イギリスの田舎の貧しい小作農の家に買われた1頭の馬が、その家の若者に育てられ、やがて軍馬として徴集され、ドイツとの戦争において敵に捕まるが、奇跡的にイギリス軍に保護され元の農家に戻って来るという物語。何度も死の危機に晒されるが運よく助かるという展開にハラハラさせられる。強さ、賢さ、勇敢さゆえに皆から愛されたことが幸運をもたらした。何も話さない馬だが、主人への愛情や仲間への思いやりなど感情表現が豊かだ。戦闘を中断して敵味方で馬を助ける場面は感動的。美しい風景や戦闘場面も印象的。さすがスピルバーグ。

鑑賞日:12月29日 監督:スティーブン・スピルバーグ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1951797

■ロビイストの陰謀 [DVD]
アメリカで実際にあったジャック・エイブラモフ事件の映画化。ジャックはジョージ・ブッシュを大統領にしたといわれる大物のロビイストだが、欲に目がくらみ詐欺事件を引き起こした。アメリカのロビー活動は合法的だが、やはり不正の温床に違いない。政治家への献金と贈収賄は境界が曖昧であり、政策が金で動く事に変わりはないからだ。そんな世界を知ることができたが、映画としては余り面白くなかった。組んだ相手が悪かったとしてジャックの悪人振りが中途半端に描かれているため、事実に忠実かも知れないが盛り上がりに欠けた。

鑑賞日:12月26日 監督:ジョージ・ヒッケンルーパー
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1943882

■テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]
古代ローマ人も日本人も風呂好きだという共通点に目をつけて、日本の風呂のアイディアを古代ローマに持ち込めば受けるだろうとは誰でも考えそうだが、古代ローマ人の建築家が現代日本にタイムスリップして来て、ヒントを持って帰り成功すると言う発想が面白い。漫画が原作だけあって、漫画のような話だが楽しめた。お風呂の気持ち良さや癒し効果は時代を越えて万国共通だ。それにしても、「平たい顔族」には彫りの深い人と平たい人がいて結構多民族なんだと改めて実感した。
鑑賞日:12月23日 監督:武内英樹
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1937744

■ニューイヤーズ・イブ [DVD]
大晦日のニューヨーク。カウントダウンが行われるタイムズスクエアのボール・ドロップというイベント。そしてレコード会社のパーティ。その準備に追われる関係者たち、参加する人々、意識しながらも参加できない人たち。様々な人生模様、色々な人間関係が描かれているので、最初はちょっと展開が分かりにくい。トラブルは発生するが最後はすべて上手く収まる。死んでいく人もいるが赤ちゃんも生まれる。愛は生きる希望を与えてくれる、愛する人を持ちなさいと言うメッセージをさらりと伝える楽しい映画だ。
鑑賞日:12月20日 監督:ゲイリー・マーシャル
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1930277

■ディア・ブラザー [DVD]
冤罪で刑務所に入れられた兄を救うべく猛勉強をして弁護士になり、ついには兄の無罪を勝ち取る主婦の物語。米国で起きた実話に基づく映画。自分の家庭を犠牲にしてまで兄を救おうという信じられないほどの兄妹愛だ。自由の身となった兄が18年ぶりに大きくなった娘と再会する場面には感動した。娘が父への誤解を解いたからだ。警察が犯人をでっち上げる事件は日本でもあるが、掛替えのないたった一回の人生がそれで無駄になるのは余りにも残酷。やはり権力は怖い。
鑑賞日:12月15日 監督:トニー・ゴールドウィン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1920631

■人生の特等席(クリント・イーストウッド主演) [DVD]
年老いた野球のスカウトマンと不満を持ちながらも父親を心配する娘との親子愛の物語。父親ガスの仕事への愛着・自信そして寄る年波への不安と強がりは、身につまされる。娘の不満に正面から向き合えない不器用さにも何故か共感する。愛情表現が下手なだけだ。子供の幸せを願わない親はいない。反発していた娘ミッキーの心の壁が崩れる瞬間は泣けた。娘が自分の仕事を受け継ぐ力を持っていたこと、自分の信頼する男に恋をしたことが、どんなに彼を幸せにしたことか。それが嬉しかった。ガスを演じたクリントイーストウッドがやはり素晴らしい。

鑑賞日:12月03日 監督:
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1896606

▼鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ