« 会社生活に終止符 | トップページ | 2013年3月の読書メーター »

2013年4月 1日 (月)

3月の鑑賞メーター

3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:2本
観た鑑賞時間:249分

■あなたへ DVD(2枚組)
妻を亡くした老刑務官が、妻の故郷へ車で旅をして様々な人と出会い、最後は遺言の手紙を受け取り、海に散骨をするという物語。出会う人たちは明るく見えても皆、心に悲しい秘密を抱えており、人の良さそうな主人公に打ち明ける。「悲しみを早く乗り越えて、自分の時間を生きなさい」との妻からのメッセージは、出会った人たちにも、観客にもそのまま当てはまる。夕日が沈む物悲しく美しい海も、日に照らされれば明るく元気な海となる。高倉健の悲しみに沈み込んだ表情が、本人の年輪と相まって味わい深く、涙を誘う。
鑑賞日:03月31日 監督:降旗康男
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2211842

■フライト
パニック物かと思っていたら、事故は最初に起こった。優秀なパイロットのお蔭で死者は最小限に抑えられたのだが、彼には秘密があった。人間、程度の差はあれ、その誘惑に負けると後で後悔するようなモノを持っている。更にそれを隠すためにウソをつく。そして周りに迷惑を掛ければ尚更、自己嫌悪に陥り苦しむことになる。だから観る者も彼の苦しみは良く分かり心に響く。最後は彼が立ち直ることで観る者も救われる。モノからもウソからも解放され自由になった彼の清々しい顔がいい。
鑑賞日:03月05日 監督:ロバート・ゼメキス
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2141954

« 会社生活に終止符 | トップページ | 2013年3月の読書メーター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574388/57085483

この記事へのトラックバック一覧です: 3月の鑑賞メーター:

« 会社生活に終止符 | トップページ | 2013年3月の読書メーター »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ