« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月16日 (日)

内田樹「修業論」を読んだ

  合気道七段の著者が、「修業」というものを知らない現代の若者に向けて書いたもの。
  修業の目的は、現代風に言えば、想定外の危機的な出来事に遭遇した時に適切な対応ができる力をつけることであるという。

  武道では、相手を想定外な状況に追い込んで、技を掛けた方が勝つ。逆に言えば、相手の気を感じて動きを読み、なすべきことを瞬時に判断することで生き延びることが出来る。

そのためには、自我を脱ぎ捨て身体感覚を研ぎ澄まして状況を把握し、他者と融合して一つの動きにまとめる力が必要だという。しかし修業者でない者には難解だ。

  計測可能な身体能力の訓練とは異なり、修業は人間の心身の潜在能力を開花させるものであり、努力した後でなければ体得した能力が何か分からない非合理なものである。

 修業により身体感覚が敏感になると、気や機・キマイラ的身体といった非現実的なものが、リアルに体感できるようになるという。それを言葉で説明しているのだから、修業者でない者には難解なのは当然だ。

 それでも魅力を感じるのであれば、修業に励むしかない。問題は、目的が曖昧なルーティンをどうやって高いモティベーションで継続するかだ。魅力的な師への憧れ?仮の代替目的?たとえば健康のためという目的。

 自分は、武術の修業というほど厳しいことはしていないが、健康のために太極拳を習っている。でも大先生によると、元来、健康太極拳とか武術太極拳というようなジャンル分けは存在しないらしい。

 なぜなら、太極拳の目指すところは、自分の力を用いないで、楽な姿勢で、相手の力を利用するという、他の武術と違った武術性の確立にあるからだという。合気道とは異なるが、気や機、相手の動きの読み、瞑想など共通している部分も多い。

 健康のための太極拳であっても、練習する上での間違った方法で続けると健康を害することもあるという。正しい方法の基準は、武術性=「攻防」の技術にあるから、それを知らなければならないようだ。目標は高くなるが、武術性の勉強は面白そうだ。

 日ごろの稽古を修業の場と捉え、理論を勉強して実技で確かめつつ、何か非現実的なものをリアルに体感できるまでになりたい。

2014年2月 2日 (日)

2014年1月の読書メーター

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1568ページ
ナイス数:106ナイス

鍵のかかった部屋 (角川文庫)鍵のかかった部屋 (角川文庫)感想
発見!角川文庫グランプリ第1位という帯に魅かれて買った。短編4作が掲載されているが、どれも密室絡みだ。事件の相談を受けるのが美人弁護士で、謎ときは防犯コンサルタントで元泥棒?というコンビの設定は、面白いのだが、著者の関心が、如何に難しいトリックの密室を作るかにあるためか、事件に至る物語はあっさりしている。最初にトリックありきのような構成はわざとらしくて、あまり好みの作品ではなかった。トリック・マニアには堪らないのかも知れないが。
読了日:1月27日 著者:貴志祐介

建築医学入門―代替医療としての住環境建築医学入門―代替医療としての住環境感想
環境は五感を通して脳に働きかけ、心にストレスを与えたり除去したりすることで、病気の原因になったり病気を予防したりする。この関係を研究し、環境改善による心身の治療体系の構築を目指すのが建築医学だという。色・光・音・熱・化学物質などは勿論、デザイン・間取り・素材など、設計に役立ちそうなクライテリアが多数提示されている。定性的・感覚的には納得できる項目も数多くあるが、量的な影響度が全く示されていないので、まだ科学的事実とは言えず仮説の段階にとどまっているのではないか。さらなる科学的な検証が望まれる。   
読了日:1月19日 著者:松永修岳

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
最初は主人公である少女漫画家の生態を描いた物語かと思ったが、主題はブレイン・マシン・インタフェースにより昏睡状態の患者との意思疎通センシングができるというSF的な小説。彼女は自殺未遂で昏睡状態になった弟とのセンシングを繰り返すうちに、センシング中の意識と現実と夢が入り乱れ、頭の中が混乱する。そして読む方はもっと混乱する。自分の異常に気付いた彼女は、自分の現実がどこにあるのかを探り始める。そして次々に明かされる真実。驚きのどんでん返しと衝撃的な結末。第九回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の所以。
読了日:1月12日 著者:乾緑郎

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)鹿男あをによし (幻冬舎文庫)感想
古都奈良を舞台に繰り広げられる奇想天外な小説だが、抜群に面白い。主人公は女子高の先生で、漱石の「坊っちゃん」を下敷きにしており、マドンナまで登場する。鹿が喋るというおとぎ話の要素、勝敗の行方にハラハラするスポーツの要素あり、卑弥呼の時代から続く歴史の要素がある。ハチャメチャなようだが、それらが見事なまでに違和感なく一体化して物語が展開していき、否応なく引き込まれる。人物の造形としては、なんといっても神秘的な女生徒堀田イトが魅力的だ。彼女の存在が、最初から最後まで物語を引き締めている。終わり方も良かった。
読了日:1月4日 著者:万城目学

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)感想
著者はドイツ在住30年の作家。共に敗戦から経済大国に上り詰めたドイツと日本を比較。日本人はドイツを礼賛するが、実態はそうでもないと言う。日本には論理性の欠如などの欠点はあるが、素晴らしい所が沢山あるので自信を持つべきだと説く。特に思いやりの精神・心の優しさに、日本人の特質を見る。それが、顧客の喜ぶ便利さと快適さの追求や品質改良に繋がり、世界一のきめ細かいサービス産業を生み、日本の発展の原動力となった。また、貧富の差が小さく清潔で治安も良い社会を生む。具体的な事例比較なので説得力がある。
読了日:1月1日 著者:川口マーン惠美

読書メーター

2014年2月 1日 (土)

西欧型グローバリズムと動物権思想

 昨日の市民講座のテーマは「西欧文明の本質」。講師は元駐ヴァチカン大使で杏林大学客員教授の上野景文氏。内容は「西欧型グローバリズム」と「動物権思想」の話が中心だったが、実に興味深いものだった。以下要約。

  先ず、西欧人と日本人のメンタリティの違いを頭に入れておく必要がある。日本は多 神教的・アニミズム的でモノをも仲間に感じる。相対主義ですぐ妥協する。感性的に反 応して行動する。一方、西欧は一神教で、聖なるもの・正義が絶対的にあって、これが 侵されると不愉快に感じる。イデオロギー的に行動する。だから人権も民主主義も議会 制度も神聖なものであり、冒さざるべきもの。ほとんど宗教に近い。

  次に、西欧型グローバリズムの話。ノーベル賞、オリンピック、世界遺産、ギネス、 ミシュラン等は、ブランド認定装置であるが、すべて西欧が、超越的な権威を持って世 界標準を決め世界を対象にして認定している。そこには西欧の標準が普遍的で世界の基 準だという欧州中心主義がある。認定委員は西欧人が圧倒的に多く、当然、欧州に都合 の良い決定がなされるという問題がある。そろそろ西欧色を希薄化すべきだし、日本も 権威を付与する側に回るべきだ。

  これらの認定装置の構造は、ローマ法王がその超越的権威により世界の聖人認定をし てきた伝統的構造そのものである。ローマ法王の権威を否定したプロテスタントの国で ある米国は、ボトムアップ志向・草の根志向であり権威には懐疑的。アカデミー賞もW BCも世界対象ではなく基本は一国主義。権威否定の思考が、市場原理主義の米国型グ ローバリズムにも反映している。西欧型グローバリズムが、権威型であり、至上主義に 懐疑的なのと対照的である。

  次に、動物権思想の話。西欧は脱キリスト教化が進んでいるが、一神教的なメンタリ ズムは生きている。つまり「神抜き」の新たな信仰」が浸透している。ローマ法王の考 え方に反発した科学信仰、人権・自由信仰がそれ。動物権運動の元になっている「母な る自然」信仰も勢いを増しており、今後もっと主流になってくる。既に欧州では、化粧 品開発のための動物実験は規制されたり、スペインの闘牛禁止、狭い鳥獣舎の禁止など が法律化され始めている。

  動物権思想は、創造主中心のキリスト教的世界観からケルト的・汎神論的世界観への 回帰ともいえる。しかしイデオロギー化しており、反捕鯨論のように過激化しているも のもある。またそれは余りに直線的なアプローチであり、偏向している。天より与えら れた生き物を感謝をこめて活用することは決して悪ではない。従って古来動物との関係 性を自然の摂理に従って保ってきた日本人の自然観を、いまこそぶつけるべきではない か。

 西欧が脱キリスト教化しているにも拘らず、キリスト教的なイデオロギーによる排他主義が生き残ったまま、自然崇拝のアニミズムに近寄っているという構図が見えたことは収穫だった。

 また、西欧型と米国型の2種類のグローバリズムの存在とその違いも知ることが出来た。西欧型の方が、まだましと言えるが、西欧の価値観が絶対という信仰がある以上、普遍的でも何でもない。もっと日本的・東洋的な価値観が、世界に向かって主張されねばならないとも感じた。日本と中国の価値観・思想もまた大きく違うのではあるが。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ