« 西鋭夫講演「新説明治維新」を聴く | トップページ | 2015年3月の読書メーター »

2015年3月26日 (木)

真珠湾攻撃に関わる機密

  「新説明治維新」の講演を行った西鋭夫氏のインタビュー・ビデオを観た。 その中で、太平洋戦争における驚くべき真実を知ることができた。  

 民主主義の国アメリカでは、政府の機密文書も30年後とかに公開されるのが原則だが、内容に応じて機密期間がそれより長いものがある。ケネディ暗殺に関する文書は100年だそうだから、そこには政府にとってかなり都合の悪いことが隠されていることになる。
 戦後65年経って公開された文書を地道に検証していた西氏は、そこで米軍が1940年にすでに日本海軍の戦略暗号を解読していたことを発見したという。真珠湾攻撃の1年前である。(通説では1942年のミッドウェー海戦の前)ということは、米軍は真珠湾攻撃を事前に知っていたにも拘わらず、知らない振りをした可能性があるというのだ。自国民を犠牲にしてまで、何故そんなことをしたのか。
 それは日本に対して原爆を使う口実を作るためであったのではないかという。原爆を投下するにあたって真珠湾が持ち出されているからだ。それが本当であれば随分ひどい話だが、アメリカならやりかねない気もする。ただ日本海軍は、真珠湾攻撃の直前に暗号を変更したという話もあるので、真実が何かは不明である。機密文書の中にそのあたりも触れている箇所があるのかどうか、今後の検証を待つしかない。
 アメリカの強かさ怖さは今に始まったことではない。例えば日本に今なお米軍基地が70か所もあるのはおかしいのだが、誰も言わない。日本人は都合の悪いことには口を閉ざしてしまう。議論の前に思い込みの結論があり、それが通らないとすぐ感情論に走り、思考停止してしまう。議論によって真実を共に探って行くというアメリカのような土壌がない、という西氏の指摘は正しいと思う。
 歴史認識は日本人の水源であり命であるにも拘らず、日本人の歴史の知識は薄っぺらすぎるという指摘は全くその通りだ。特に現代史は学校教育で教えられていないのだから当たり前だが、何故国は日本の現代史を隠すのか。知ってはいけない都合の悪いことがあるからだと考えざるを得ない。マスコミも国に迎合し真実を語らない。国やマスコミの責任は重い。

« 西鋭夫講演「新説明治維新」を聴く | トップページ | 2015年3月の読書メーター »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

山本五十六の行為は、結果的にスパイ行為でした。
いや、確信犯だったかもしれない。

当時の大統領ルーズベルトは、確約で絶対戦争しないと誓ってます。そのため戦争できませんでした。
しかし真珠湾の攻撃をだまし討ちと宣伝することによって、戦争賛成の世論が45%=>90%まで跳ね上がります。その状況なら、公約違反だ!と文句言われることなく戦争できるからです。

真珠湾以前にもわざと日本領内に侵入して、先に攻撃させようとしてます。

世間で顔役である親方とは、ずいぶん前にこのあたりのシマを争って命懸けの大ゲンカをしたもんだ。けど結局とっちめられて、今は親方の子分として曲がりなりにも食えるようになった俺。やっぱ親方に怒られるのはこりごりだし、若頭としての立場的にも親方の悪口は表立っては云えねえよ。そりゃあ、いいこともあれば悪いこともあるさ。それじゃ、今度、飲みにいこうぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574388/61340642

この記事へのトラックバック一覧です: 真珠湾攻撃に関わる機密 :

« 西鋭夫講演「新説明治維新」を聴く | トップページ | 2015年3月の読書メーター »

お薦め本

  • 鈴木亘: 「財政危機と社会保障」
  • 波頭亮: 「成熟日本への進路」
  • 中野剛志: TPP亡国論
  • 増田悦佐: 日本と世界を揺り動かす物凄いこと
  • 古賀茂明: 日本中枢の崩壊

お薦めサイト

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ